海外・国内FXの違い|初めて投資を行う方におすすめのファーストリッチ投資顧問とは

海外FXと国内FXの違いについて紹介します

海外・国内FXの違い

チャート

FXとは

FXとは、外国通貨を購入したり売却することで、その際に発生した差額で利益や損益が出る仕組みの取引方法です。近年注目されるようになり、たくさんの方が利用しています。
例えば1ドルが120円のときに日本円で12万円分買うことで1000ドル購入できます。後々1ドルの価値が130円に上がると事前に購入していた1000ドルが13万円相当の価値になり、先に購入した金額との差額分である1万円が利益になるという仕組みです。

海外FXを利用する方が増えた理由

以前はFX利用者の中では国内FXが主流でしたが、最近では海外FXを利用する方が増えてきています。その理由は、国内FXサービスに規制がかかり始めたからです。国内FXでは、個人取引でのレバレッジに規制がかかり、最大25倍までとなったり、個人でなくても200倍を超える取引を行うことができなくなりました。
そこでFX利用者たちが注目したのが海外FXです。海外FXのレバレッジ上限の平均は500倍前後となっており国内FXより高い数値です。それにより国内FXよりも大きな利益を得る事ができるため海外FXを利用する方が増えているのです。
少ない資金でも大きな利益を得ることのできるのが海外FXです。国内FXにはレバレッジ規制がかかってしまったため、資金が少ないとその分大きな利益を得ることができなくなっています。法人の場合は多額の資金を使用することができるので国内FXでも大きな利益を得ることができますが、個人の場合はそれほど多額の資金を使用することが難しいため、国内FXで指定されている25倍の取引しか行うことができず大きな利益を得るのが難しくなってしまうのです。

最後に

金融商品には株式投資という種類もありますが、その投資時間は9時~15時と時間が決まっています。しかしFXは時間規制がなく24時間取引が可能なので、昼間は仕事をしているという方や主婦の方でもあいている時間に通貨売買を行うことが可能なのです。このように海外FXや国内FXは自由に通貨を売買することができますが、やはり知識がないと利益を得ることができない可能性もあるので、しっかりと知識を得てから取引を行うようにしましょう。そのようなサポートを行っている業者もあるので、初めて投資を行う方は利用してみてはいかがでしょうか。